【 ひろゆきと世界のビール(Camden Hells Lager) 】

 ひろゆきが世界のビールを飲みながら、YouTubeで配信している動画が気になったので、ひろゆきが飲んでいたビールと視聴者への回答エピソードを紹介します。

ひろゆきが飲んだビールの概要とコメント

〇動画配信タイトル

【被害者がいない事件を騒ぐのは暇だから? Camden Hells Lagerを呑みながら 2019/03/16】 

〇ビールの概要

 大手通販サイトでは扱っておらず、入手が難しそうですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 商品名:Camden Hells Lager(カムデン ヘルズラガー)

 アルコール度数:4.6%

 容量:330ml

 原産国:イングランド

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇ひろゆきのコメント

 『普通にちょっと甘味があるおいしそうなラガービールの匂いがします。値段的にはググったら180円ぐらい。何だかんだ言ってラガービールは、飲みやすくておいしいですね。』

 ラガーとはドイツ語で貯蔵という意味ですが、低温醗酵のためスッキリとしていて飲みやすいのでしょうね。

 

視聴者への回答エピソード(ひろゆきの名言)

〇視聴者の質問

『子供部屋おじさんについてどう思いますか?』

〇ひろゆきの回答

 『今後もどんどん増えていくんじゃないんですか。だってお金ないんだから実家しか住めないじゃん。そして、実家に住んでたら子供部屋に住むしかないじゃん。』

 子供部屋おじさんとは、成人しても実家の子供部屋に住み続けて、30歳、40歳、50歳と歳をとっていく独身の人たちのことですが、著書の『1%の努力』で語っています。

『1%の努力』の目次と概要

エピソード1 団地の働かない大人たち

子ども部屋おじさん

 子ども部屋おじさんは、特にめずらしいものではなく太古からずっといたという話をしています。

実家を早く出たい理由があるかどうかで、人それぞれでしょうね。僕の場合は、不純な動機もあり一人暮らしを始めましたが、その動機は中々かなわなかったですがw。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA