【 ケンケンパの禁煙日記 1日目 】

 せっかく禁煙を実践しているので、いつの日か禁煙をしようとしている人、僕と同じように禁煙を実践中の人、禁煙に失敗した人たちの参考になれば幸いです。世の中には、禁煙にまつわる様々なドラマがあって面白いエピソードとかあると思います。でも僕の場合は、今のところ順調に禁煙を継続しておりメシマズ展開で申し訳ないですw。

禁煙の動機というか、そうなってしまった理由

  そもそも、禁煙前日まで僕は、『WEECKE C-VAPOR4.0』と『グロー』を併用しながら、喫煙ライフを満喫しており、明日から禁煙するなどまったく考えていない状態でした。まぁ、例えば上司からタバコ吸ってる暇があるなら仕事しろと言われたとか、かわいい女の子からタバコ臭が原因で露骨に顔を背けて嫌がられたとか、残業代が減って給料が2割カットされたとかなら、早急に対処すべき事案なんですけどねw。

 そんな明確な理由などなかったけれど、前日の夜からタバコを吸ってもなぜかあまりおいしく感じられず、何なら少し胸やけがするという体調不良が発生。でもその日は、明日になれば体調も回復し、タバコもおいしくなるだろうと楽観視して眠りにつきました。

 しかし、夜中に目が覚めると強烈な悪寒と気分の悪さで身動きがとれず、ガクガクと震えながら強制的に禁煙1日目の朝を迎えたわけです。

まさか、そのまま禁煙することになるとは想像しておらず、今思えばもう少し味わって喫煙したかったなぁ。

禁煙1日目の体調変化と思考

  朝7時前に何とか起床して体温を測ると、39度手前でフラフラ状態。仕方がないので仕事も休むようにして、病院に行こうとがんばってみたけど、あまりの気分の悪さと体のだるさのため、ベッドでゴロゴロするのが精一杯でした。

 いつもなら起きがけタバコ2本って感じですけど、まったくタバコを吸いたいという気持ちも湧かず、お腹も空いたという感覚すらなく、目が覚めてもひたすらもう一度眠りにつくということを繰り返していました。

 結局、この日は『食欲・性欲・金欲』の3大欲求に加えて『喫煙欲』まで手放すという明鏡止水の境地に到達することで、まったく邪念がない1日となりましたw。

ここまで頭の中にいろいろな欲求がわいて来なかったのは、初めてでした。もう二度と同じ体験はしたくないですw。

禁煙1日目のまとめ

  結果的にタバコを吸いたいという欲求に苦しむことなく、禁煙1日目をクリアできました。これが健康な状態で禁煙に挑戦していた場合、タバコを吸いたいという衝動を抑えることは簡単なことではありません。

 過去に健康な状態で禁煙にチャレンジして失敗した経験があるので、ニコチン中毒の症状を自分で抑える辛さは、知っています。そのため、あまり望ましくはないですが、何か病気で強制的にタバコを吸えない状態にあるときが、最大のチャンスと覚えておきましょう。 

タバコを吸うことが、自身の命に関わるのであれば我慢できると思いますが、何せ煩悩の塊なので厳しいですねw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA