【 ケンケンパの禁煙日記 3日目 】

禁煙3日目の行動

仕事も休みで熱も下がり吐き気もなくなった爽やかな1日のはじまり・・・・・・・・ 

 

 

 寝ても覚めてもタバコが吸いたくなるこの衝動を抑えるためには、このまま何もアイテムがない状態で自分と闘い続けることは不可能と判断し、朝からAmazonという何でもポケットでいろいろと物色中。

 いろいろと調べた結果、禁煙中の便利アイテムとして気になったのは、『ニコレス』・『電子タバコ』があった。これまでまったく試したことがないジャンルの物であるため、レビューを参考にとりあえずいくつか注文してみました。

 注文した禁煙サポートグッズについては、『別記事』で簡単に紹介しますが、結局のところ自分の好みがあるので、使ってみないとわからないというのが結論です。

 また、以前禁煙したときもそうだったのですが、口寂しいのでチョコレートやポッキーなど甘いお菓子をいろいろとスーパーでGETしました。しばらくは太ることより禁煙優先で、食べたくなったらすぐ食べる方針でいきます。

Amazonプライムの会員ならお急ぎ便を何度使っても無料のため、気軽に注文できるからとても便利ですね。

 

禁煙3日目の体調変化と思考

 禁煙3日目の体調変化と思考は、相変わらず離脱症状(体の中のニコチンが抜ける過程で起きる症状)で眠いことと、頭の中がタバコ祭り状態であることは一緒ですw。ただし、なんとなく目覚めが良くなったと感じるけど、起きてる間は頭が常にボーッとしている感じで、桁数が多い暗算は時間がかかるような状態です。

 また、しばらくストップしていた晩酌をそろそろ復活しようと思うも、お酒を飲むとタバコを我慢できないという危険性があるので、とりあえず『電子タバコ』が届くまでは禁酒する方向でいくことにしました。

禁煙3日目のまとめ

 禁煙3日目ということで、これまでタバコを我慢してきたという事実もあり、あと1日がんばってみようという考えも生まれるようになりました。個人的な感覚ではありますが、以前禁煙したときに禁煙3日目が特に厳しかった記憶があるので、3日目を乗り切ることが一つ目の目標と考えていました。

 それと、仕事等で強いストレスがかかった場合やお酒を飲んだりすると、元喫煙者は反射的にタバコを吸いたいという衝動に駆られます。そのため、年末年始やゴールデンウィークの長期休暇を挟んで禁煙することが、成功の秘訣と言っても過言ではないでしょう。

僕は、ゴールデンウイークに入る少し前から禁煙を始めることができたため、苦しい中にも精神的に余裕がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA